ネズミ駆除のコツはラットサインを見つけること

###Site Name###

ワナや殺鼠剤を仕掛けても全くネズミ駆除の効果が出ないという場合、設置している場所が適していないのかもしれません。
ネズミ駆除の成功率を上げるコツは、ラットサインを見つけること。



ワナや殺鼠剤を仕掛けても、ネズミが侵入してこない部屋に設置しても意味がないのです。

設置する前に、必ずラットサインがあるかを確認しましょう。ネズミの侵入口になりやすい場所は、壁に空いた配管のすき間、電線の導入部を壁のすき間。



壁のひび割れ、壁の穴、排水溝のすき間など、ちょっとしたわずかなすき間から侵入してくるのです。ネズミの侵入口は体の汚れが付着して黒ずんでいたり、足跡やかじり跡などのラットサインが残されています。
怪しい場所に薄く小麦粉をまいておくと、足跡が確認できるのです。
ネズミ駆除に一般家庭で広く使われるのが粘着シートのワナです。


ネズミは隅を走る習性があるため、ラットサインがあった部屋の隅に、すき間なく敷きつめます。

ネズミは警戒心が強いため、ワナを置いてもなかなか近づかないのです。
粘着シートは長時間おいておくと粘着力が下がるため、ネズミの警戒心が薄れるまで、シートのカバーは外さないほうが良いでしょう。
殺鼠剤もラットサインがあった部屋に、出来るだけ多くまいておきます。

お子様やペットがいるご家庭では、間違えて食べないように注意が必要です。

ネズミの嗜好性と高めるためには、油などをたらしてみるのも良いでしょう。



殺鼠剤は遅効性の毒なので継続して食べさせる必要があるのです。

ネズミが食べて殺鼠剤が無くなるようなら、追加してさらに置いておきましょう。