ネズミ駆除を行って被害を防ぐ

###Site Name###

ネズミによる被害としては、衛生上の害、経済上の害などがあります。
衛生上の害としては、し尿による食中毒やチフス、寄生したノミやダニによる皮膚病、糞尿による悪臭・騒音などによる不快感などがあります。

一方、経済上の害としては、食品を食べられたり、配管や配線をかじることによる、漏電やガス漏れによる火災などがあります。



そのほかにも、ネズミがいることで蛇やイタチなどの捕食動物が侵入してしまう可能性もありますから、早期にネズミ駆除を行うことが大切です。

ネズミには、人家に生息するイエネズミと、山野に生息するノネズミに大きく分類できます。特に、イエネズミの中でも屋根裏やビルに生息するクマネズミによる被害が近年拡大し、都市部で増殖しています。


ネズミ駆除を行うためにいは、まずネズミの住みにくい環境を作ることが大切です。

そのためには、食品は必ず戸棚などに入れて、ネズミの餌となるものを置かないようにする。



ネズミの巣材となるようなティッシュペーパーやビニール袋、衣類などを運ばれないようにする。



通路となる通気口や排水溝などには、金網などをつけて侵入できないようにするなどが大切です。
このように対策をとった上で、現在家にネズミがいることがわかっている場合には、忌避剤を使用してネズミを追い出したり、ネズミの通り道に粘着シートやネズミ捕りを設置してネズミ駆除を行う必要があります。

ネズミの死骸を見たくない場合には、超音波が効果的ですが、きちんと反響しないと効果は期待できませんから、注意しましょう。