ネズミ駆除は早期の着手が重要

###Site Name###

ネズミ駆除は、ネズミが増えてしまってからでは解決がどんどん困難になってしまいます。


天井裏で1匹程度の足音がするうちに、速やかに対策を始めることが肝心です。
足音程度だからと我慢しているうちに家屋のどこかに巣作りをされて、そこで繁殖されてしまった場合、自力での完全駆除はほぼ不可能となってしまいます。すでに増えてしまっており、人の生活空間にも現れて食品を食い荒らしているような場合は、費用がかかったとしても専門の駆除業者に依頼したほうが、速やかな解決が期待でき、健康を守る上でも安心です。



ネズミ駆除用の罠や忌避剤、殺鼠剤等はホームセンターやネットショップでも販売されていますが、そういった市販品を使用した自力で駆除が可能なのは、1、2匹程度の気配の時で、それも早期に手を打たなければ、どんどん困難になってしまいます。

ネズミの姿を見たくない人にとって、罠で捕らえた場合は殺処分というハードルが、殺鼠剤入りの毒餌を使った駆除では成功後の死骸の始末という大仕事があります。



そういった点からも、忌避剤で追い出せる可能性がある最も初期のうちに対策をとることが有効となります。

数が増えてしまってからの自力ネズミ駆除にも比較的有効と言われる毒餌は、家屋内で死なれた場合、早急に死骸を片付け、徹底清掃と、二次被害のノミやダニの殺虫も必要になります。

巣に持ち帰ってから食べて死ぬとされる毒餌もありますが、巣が自宅内にある場合そこで死なれる可能性が高く、早期に見つけて片付ける必要があります。

ネズミは体内にも排泄物にも危険な病原菌を持っており、清掃時の完全防護はもちろん、その後の消毒も徹底しなくてはなりません。
ネズミの気配を感じた段階で対処しておくことは、たいへん重要です。