粘着シートタイプの罠は素人のネズミ駆除には向かない

###Site Name###

大切に住んでいても、築年数が増え建物が古くなると、ネズミが家に潜り込むことがあります。
餌があり、活動できる狭いスペースがあれば、ネズミは巣を作ってすぐに繁殖してしまうのです。

身体の汚れや糞で、生活の場を汚し、ときには人体に害を与えることがあるかもしれません。おまけにただ家の中に生息していると考えるだけで、人間に大きなストレスを与えるのがネズミなのです。もし、ネズミが棲み着いている気配があるのなら、即座にネズミ駆除をしなければなりません。

業者に依頼せず、自力でネズミ駆除を試みるのであれば、まずは道具を探しに行きましょう。
ドラッグストアやホームセンターに、家庭用の駆除グッズが売っているので見てください。

そこにはテレビで見るようなバネ式のものや、やや大がかりなカゴ式の罠などが売っていると思います。

これらはラットサインのある通り道や餌場に仕掛けることでネズミを駆除しますが、初心者には難しそうに感じるかもしれません。

特にカゴ式の罠は設置するのにスペースを取りますし、生け捕りにするので、その後の処理を考えると面倒です。

素人が最初に目を付けるのが、粘着シートタイプの罠だと思います。
ゴキブリを捕獲するとき、似たようなものを利用しているので、簡単に感じるのかもしれません。
しかし、この道具は精神的に強い人ならば良いのですが、そうでないと後で後悔することになりかねません。



その理由は、粘着シートにかかったネズミの状態が大変ひどいからです。



何とか逃れようと手足がもげて、それでも生きながらえているネズミが引っかかっています。

特に罠などに慣れていない子ネズミがかかっていることが多いので、その悲惨な状態に手を触れられなくなる人も多く、素人におすすめできる駆除道具ではありません。

ネズミ駆除の料金についてお答えします。

実際に体験した人の意見などが、ネットにあげられているので、それを読んでから必要なネズミ駆除グッズを選ぶようにしてください。